菅井政幸 プロフィール

Q1現在の職種(部署)における役割を教えてください。

新築事業部アドバイザーということで、新築をお考えのお客様のご相談に乗り、重兵衛の会社のことや家づくりの考え方をお伝えし、信頼して頂き、一生に一回の大きな買い物である「家づくり」を設計やインテリアコーディネーターや現場監督、各職人など、その道のスペシャリストに力を借りながらお客様がより安心してゴールにたどり着けるように誘導する船頭さんのような役割です。

Q2その職種ならではの苦労ややりがいを感じた瞬間、想いを教えてください。

一生で一番大きな買い物である「家づくり」が商品である以上、お客様は真剣そのものです。警戒心も強く、我々を見る目はとても厳しいです。その中でいかに安心して、信頼して頂けるかがとても大変なところだと思います。またご依頼いただいた後もその責任の重さはなかなか他の仕事には無い重さだと思います。それだけに無事家が完成しお客様が喜んでいる姿を見ると、本当に担当させて頂いて良かったと感じます。中には涙を流して感謝を伝えてくれるお客様もいます。これも他の仕事ではなかなか味わえない喜びであり、やりがいだと思います。

Q3住宅orリフォーム会社の魅力はどのようなところですか?

お客様の生活、人生に密接に寄り添うことによって一生涯のお付き合いをお客様と築いて行けるところです。

Q4自社の魅力はどのようなところですか?

お客様大満足を常に考え、お客様に喜んで頂くにはどうすればいいかを常に考え、建設業でありながらサービス業の精神で常にお客様へのホスピタリティーを追及しているところです。

Q5休日は何をしていますか?

主にドラム、ピアノなどの楽器演奏。(気づいたら10時間以上ドラム叩いてたこともあります)次にガンプラ作成。(気づいたら10時間以上いじってたりします)次に家の掃除や洗車。(気づいたら4時間以上掃除してたりします)このように休みの方がアクティブに動いてたりします。そして何かに集中すると止まらなくなります。

Q6好きな本・好きな映画を1つずつ教えてください。

本:竜馬がゆく(司馬遼太郎) 映画:コンタクト

Q7今後の目標を教えてください。

新築部門をより組織化し、個人の力というよりも組織の力でお客様の信頼を勝ち取り、この地域の新築の会社としてのハウジング重兵衛の知名度を上げていきたいです。そして重兵衛で働く社員皆が自社に誇りを持ち自主的に行動できる組織になりたいです。

PHOTO

他の社員のインタビュー